「限りある命の中で・・・」
間 武士・・・主人公
間 さなえ・・・妹

メール

俺の妹は、小さい頃からよく入院してた、よく体を壊し入院したり退院したりの繰り返しだった
俺は、心配だった、本当に病気が治るのか・・・そして、今年になっての二度目の入院 
俺が、18になり妹が16になったばかりの事これから、二人で旅行を計画してたが妹が入院してしまった
「さなえ、元気か?」
「元気だよお兄ちゃん」
そう言ってるが、相変わらず青白い顔だった・・・
「それよりごめんね、せっかくの旅行だったのに・・・」
「いいんだ、さなえさえ元気になってくれれば」
俺は、親戚の叔父の病院に妹を見てもらっている
「さなえ、今日叔父さんに頼んで、電話は、無理だったけどメールならいいって言われたぞ」
「本当?」
「本当だあとで、教えるから、夜にでもメール送ってみろよ」
「わかった」

その夜・・・

何故か二通のメールが来た

一通は、妹だった

初めてメールしたよ、お兄ちゃん届いてるかな?この文打つのにすごく緊張しちゃった、今日は、疲れちゃったのでもう寝るね

そんな文章だった・・・もう一通は

突然メールしてすいません、いつも、二人がうらやましくメールしました
いつまでも、兄妹仲よくいてください

そんなメール内容だった


どうして俺はこういうのしか浮かばない・・・・激涙